竹ちゃんのつれづれ日記

HOMEアクセス案内医療法人 三渓会 川堀病院
  • ホーム
  • アクセス案内
  • おしりの病気
  • 女性の便秘
  • 便秘と漢方
  • 医師からのアドバイス
  • レディース外来
  • 患者様の声
  • 女性あるあるQ&A

竹ちゃんのつれづれ日記

腸美人レシピ

サイト監修

医療法人 三渓会 川堀病院 公式サイトはこちら

大腸肛門外科
〒732-0826
広島県広島市南区松川町3-8

082-263-0303

外観

 
 
MOBILE

上記のQRコードを携帯電話で読み込んでアクセスして下さい。
当院の情報をご覧頂けます。

HOME»  竹ちゃんのつれづれ日記»  おしりのはなし»  今更ながら・・・だよね~

今更ながら・・・だよね~

今更ながら・・・だよね~

最近読んだ専門の本に書いてあったことで、だよね~と思ったことを一つ。

「生活習慣からくる肛門疾患」という題でしたが、

「人間以外のほとんどの動物は、便意を感じたとき、我慢せずに排便を行うのが通常であり、人間の様に朝時間がないからといって排便を我慢したり、トイレが近くにないため排便を我慢することはない」とありました。

確かに! 動物は、トイレの場所を探して排便するんじゃなくて、したいときにしたいところでしますよね~。動物園でもだれが見ていようと遠慮なく()

その瞬間をみると子どもたちはやたらと喜びますが・・・()

便意を我慢することで便秘につながり、それが痔主の道につながります。

 

また、「小学生の時期に、学校で大便に行くと、いじめられる原因になったり、授業では便と快便についての教育がされていない。現代では便は汚いものとされ、教育としての快便についての啓発がされていない」とありました。

確かに! 思春期のころは学校で排便をするのが恥ずかしく、我慢したら便意がなくなってしまうことも多々あり。便が素晴らしいもの、体のバロメーターになるものであることを小学生のうちに教育することはないですよね。

 

人間には、痔主になる要素が備わっているんだな~と感じます。

だから、3人に1人は痔主と言われるんでしょうね。

恥ずかしい…そう思わないで、診察に是非来てください。

手術をしなければいけない状態になる前に、生活習慣を改善させることで、治る道があるかもしれません。

2018-06-19 16:54:51

おしりのはなし   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント