竹ちゃんのつれづれ日記

HOMEアクセス案内医療法人 三渓会 川堀病院
  • ホーム
  • アクセス案内
  • おしりの病気
  • 女性の便秘
  • 便秘と漢方
  • 医師からのアドバイス
  • レディース外来
  • 患者様の声
  • 女性あるあるQ&A

竹ちゃんのつれづれ日記

腸美人レシピ

サイト監修

医療法人 三渓会 川堀病院 公式サイトはこちら

大腸肛門外科
〒732-0826
広島県広島市南区松川町3-8

082-263-0303

外観

 
 
MOBILE

上記のQRコードを携帯電話で読み込んでアクセスして下さい。
当院の情報をご覧頂けます。

HOME»  竹ちゃんのつれづれ日記»  おしりのはなし»  お尻のトレーニング

お尻のトレーニング

お尻のトレーニング

先日、年末のテレビ番組で、思わず苦笑するようなくだらない企画がありました。
『芸人どうしがお尻から空気を入れて腕相撲をし、先におならが出たほうが負け』というゲーム
視聴者の一人として未だにこんなことをテレビでやるなんて…とあきれましたが、子供たちはゲラゲラ笑っていしました
腕相撲は全く関係なく、腕を組むどころか、空気を入れた先からおならの連発
目に余る内容でしたが、おならって我慢できませんよね
 
お尻の周りには主に2つの筋肉があります。
内肛門括約筋(ないこうもんかつやくきん)と外肛門括約筋(がいこうもんかつやくきん)。



内肛門括約筋は
自分の意志でしめたりゆるめたりすることはできませんが、
意識しなくても働いてくれていて、寝ている時にも便を漏らしたりしないよう頑張ってくれています。
反対に外肛門括約筋は
自分の意志でしめたりゆるめたりすることができます。
排便したいときにトイレがない トイレが見つかるまで頑張って働いてくれて、漏れないようお尻をしめてくれています。
 
お年をめしてくると、これらの筋力の低下が起こり、便漏れをしてしまうことがありますが、外肛門括約筋は、トレーニングをすることで筋力を強化することができます。
お尻をしめたりゆるめたりのトレーニング。
これを日々行うだけでも、便漏れの予防になります
私も暇なときには思い出してやってます

2017-01-11 16:21:54

おしりのはなし   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント