竹ちゃんのつれづれ日記

HOMEアクセス案内医療法人 三渓会 川堀病院
  • ホーム
  • アクセス案内
  • おしりの病気
  • 女性の便秘
  • 便秘と漢方
  • 医師からのアドバイス
  • レディース外来
  • 患者様の声
  • 女性あるあるQ&A

竹ちゃんのつれづれ日記

腸美人レシピ

サイト監修

医療法人 三渓会 川堀病院 公式サイトはこちら

大腸肛門外科
〒732-0826
広島県広島市南区松川町3-8

082-263-0303

外観

 
 
MOBILE

上記のQRコードを携帯電話で読み込んでアクセスして下さい。
当院の情報をご覧頂けます。

HOME»  竹ちゃんのつれづれ日記»  おしりのはなし»  イボ痔の手術適応について

イボ痔の手術適応について

イボ痔の手術適応について

今回はイボ痔の手術の適応についてです。
イボ痔には4段階あります。
Ⅰ度:出血することはあるが、外には出ない
Ⅱ度:排便時に出るが、自然に戻る
Ⅲ度:排便時に出るので、押し込まないと戻らない
Ⅳ度:排便のとき以外も、イボ痔が常に外に出ている
教科書的には、Ⅲ度、Ⅳ度の状態であれば、手術の適応です。

が、イボ痔は悪いものではありません。悪性に変わったり、どっかに転移したりするものではないので、痛みもない・出血もない・別に気にもならないなら、どんなに外に脱出していても無理に手術をする必要はありません。
逆に痛みがひどい・出血がとまらない・でてるのが気になる…なら、Ⅲ度、Ⅳ度でなくても手術を行うこともあります。

まずは診察で自分の度合いを知ることで、手術が必要かどうかをご相談いただければと思います。

2016-12-07 04:52:00

おしりのはなし   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント