082-263-0303

竹ちゃんのつれづれ日記

HOMEアクセス案内医療法人 三渓会 川堀病院
  • ホーム
  • アクセス案内
  • おしりの病気
  • 女性の便秘
  • 便秘と漢方
  • 医師からのアドバイス
  • レディース外来
  • 患者様の声
  • 女性あるあるQ&A

竹ちゃんのつれづれ日記

腸美人レシピ

サイト監修

医療法人 三渓会 川堀病院 公式サイトはこちら

大腸肛門外科
〒732-0826
広島県広島市南区松川町3-8

082-263-0303

外観

 
 
MOBILE

上記のQRコードを携帯電話で読み込んでアクセスして下さい。
当院の情報をご覧頂けます。

なつぞら

なつぞら

連続テレビドラマ小説 なつぞら 見てますか?

って私は通勤や仕事中で見てないんですが・・・()

たまたま、土曜日の放送を見ました。

出産を終え、仕事復帰するなつや家族、職場のみんなの苦悩と葛藤を描いた回でした。

共感する部分も多々あり、こんなもんじゃないよ~と思うところもあり。

 

女性の出産と育児、仕事っていつも議論になるテーマですよね。

 

私の場合。

3人とも首が座ると同時に保育園に預けました。

休んでいると、自分がとっても無力な医者になった気がして、とにかく早く仕事に復帰したかった。
特に手術に復帰したときは手が震えました。
産後は自分の子供に責任を持てばよかったのに、患者さんひとりひとりに責任をもって接することが怖くなっていました。
日々の忙しさの中で、仕事のリズムは取り戻すことができたので、あとの2人の時もあまり長くは休みたくなかったんです。

 

長男を初めて保育園に預けた日。
普通は泣きまくるのかもしれませんが、まだ3か月の息子はまったく気づかず()
保育園の先生に抱っこされる息子と離れがたいのは私だけ。

通勤の車の中で泣きました。

お母さんが働いていなかったら、ずーっと一緒にいてあげられたのに、ごめんね…と。

しかし、すぐに保育園にも慣れ、お友達もでき、園長先生に呼び出されること度々のわんぱく坊主に育ちました。
お昼ご飯も食べさせてくれる、おむつもはずしてくれる、水遊びも季節の行事も楽しませてくれる、保育園様様でした。

 

女性の社会進出が進み、責任ある仕事に就く女性も増えています。

その中で結婚、妊娠、出産、子育て、介護を経験してく方も多いはず。

家族や職場の協力が大変重要ですが、協力に対する感謝の気持ちも忘れてはいけないですよね。

人それぞれ環境は違うので、何通りものスタイルがあります。

私もただ日々、全力投球です!

2019-08-24 09:40:01

竹ちゃんの日々の出来事   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント