082-263-0303

竹ちゃんのつれづれ日記

HOMEアクセス案内医療法人 三渓会 川堀病院
  • ホーム
  • アクセス案内
  • おしりの病気
  • 女性の便秘
  • 便秘と漢方
  • 医師からのアドバイス
  • レディース外来
  • 患者様の声
  • 女性あるあるQ&A

竹ちゃんのつれづれ日記

腸美人レシピ

サイト監修

医療法人 三渓会 川堀病院 公式サイトはこちら

大腸肛門外科
〒732-0826
広島県広島市南区松川町3-8

082-263-0303

外観

 
 
MOBILE

上記のQRコードを携帯電話で読み込んでアクセスして下さい。
当院の情報をご覧頂けます。

朝の挨拶

朝の挨拶

私の住む地域では、町内会の方がボランティアで毎朝、子どもたちの安全を見守ってくれています。雨の日も風の日も雪の日も。本当にありがたいことです。

我が家も3人の子供たちが小学校に入り、集団登校で行くので、私も子どもたちの後ろについて、見守り活動をしています。

顔見知りの子ども達の中には、「たけちゃ~ん、おはよ~!」っとハイタッチしてくれる子もいます。

中には下を向いて、全くあいさつをしない子も。

そんな子には「おはよー、おはよー」と返事をするまで横について行ったりします()

 

「おはよ~」という中で今更ながら気づいたんですが、「おはよ~」と言ったあとに、怒った顔になる人っていませんよね。必ず笑顔になる。

ほんと、この年になって挨拶することで、笑顔になり、気持ちがよくなることを改めて感じました。

 

数年前まで、列を乱してポケットに手を入れて、靴の後ろを踏んで登校していた生徒がいました。

私は、黄色い見守りの棒で制しながら、「並びなさい! ポケットから手を出して! 靴の後ろを踏まない!」と自分の子供のように注意していたその子は、今年は6年生になりました。

なんと、昨日は同じ班の1年生が泣きながら登校している横で、そっと背中に手をやり、同じ歩幅でゆっくりと一緒に登校していました。

「いいね~、〇〇くん!」と話しかけると、照れくさそうにしていました。

 

地域のことにかかわると子どもたちの成長も見ることができ、幸せな気持ちも共有できます。地域貢献とまではいかずとも、自分のできることをできる限りやっていこうと思います。

2019-06-12 14:11:15

竹ちゃんの日々の出来事   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント