082-263-0303

竹ちゃんのつれづれ日記

HOMEアクセス案内医療法人 三渓会 川堀病院
  • ホーム
  • アクセス案内
  • おしりの病気
  • 女性の便秘
  • 便秘と漢方
  • 医師からのアドバイス
  • レディース外来
  • 患者様の声
  • 女性あるあるQ&A

竹ちゃんのつれづれ日記

腸美人レシピ

サイト監修

医療法人 三渓会 川堀病院 公式サイトはこちら

大腸肛門外科・麻酔科
〒732-0826
広島県広島市南区松川町3-8

082-263-0303

外観

 
 
MOBILE

上記のQRコードを携帯電話で読み込んでアクセスして下さい。
当院の情報をご覧頂けます。

HOME»  竹ちゃんのつれづれ日記

竹ちゃんのつれづれ日記

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

卒園

松川公園の桜も咲き始めました。

春ですね~

 

長かったようで早かった保育園送迎生活が今日で終わりです。

次男の卒園にあたり、長男入園から数えて、早11年。

3人とも首が座ったか? 座らないか?の状況から預け、毎日「早く!はやく!!」とせかしてご飯を食べさせ、一人は服を着替えさせながら、一人は片手に抱え、もう一方の肩には布団を3人分抱え、保育園に滑り込み、仕事にも駆け込む・・・そんな日もありました。

 

おむつを外してくれたのも、家では食べない野菜をおいしく料理してくれたのも、お友達の大切さを教えてくれたのも、すべて保育園の先生方のおかげです。

時にはお友達とけんかして親に謝ることもあり、園長先生に呼び出されることもあり。。。

しかし、卒園式ではちゃんと笑いも取ってくれる子に成長してくれました。

 

こうやって子どもたちは大きくなっていくんですね~。

4月からは全員小学生になります。もっと余裕をもって仕事に行けるようになるかな?

母もまた新たな気持ちでがんばるぜい!

2019-03-29 21:38:47

コメント(0)

誕生日

私は3月生まれです。

子どもの頃は、誕生日がうれしくてたまりませんでした。

しかし、自分が親になってからは、自分にお祝いするのではなく、自分を産んでくれた母に感謝する日だと思うようになりました。

 

毎年、誕生日の日には、自分が産まれた朝720分に母に電話するようにしています。

照れくさいので、「いつもありがとね」とだけ言います。

今年も母は、

「とにかく体に気を付けて、自分の子供たちはしっかり自分で守りんさいよ」と言ってくれました。
いくつになっても私は母に守られています。

いい年のおばさんになっても、誕生日の日には私の好きなごちそうを作ってくれました。

今の自分があるのも、毎日が充実しているのも、母が守ってくれるおかげ。

「産んでくれてありがとう。これからもよろしく!」

2019-03-05 22:15:01

コメント(0)

遅れてきた鬼

我が家の裏の梅の花が咲き始めました

2月4日は立春でしたね。

次男の保育園では21日が近所の山から鬼が下りてきて、豆まきを行う予定でした。

ところが・・・

なんと、鬼がインフルエンザで出勤停止()

豆まきは別の日に延期になりました。

鬼の世界にもインフルエンザが流行っているようです

お互い、気を付けましょう

2019-02-05 20:14:35

コメント(0)

メリークリスマス!

今日は、クリスマス♪

みなさんはどんなクリスマスを過ごしていますか?

 

我が家にはサンタさんは23日の祝日にやってきます。

これは休日でないと、もらったプレゼントで遊んでしまうので、なかなか保育園に行かず、仕事に遅刻してしまうのを防ぐために、忙しいサンタさんに早めに来てもらうようお願いするからだと、昔から子供たちには言っています。

平成が終わったら、どうなるのかなんて考えたこともなかったなぁ・・・

 

例年通り、サンタクロースにプレゼントのお願いの手紙を書いた子供たち。

しかし、今年は長男はなかなか書かず・・・

「もしや? 知ってしまった?」とちょっとドキドキしていました。

 

私「今年はサンタさんに何お願いするん?」

長男「ん~。スマホかタブレット?」

私「そんなもん、サンタさんはくれやしません!!!」

なぜか全力で否定してしまった私を不思議そうに見ていました()

 

23日の朝、飛び起きて、プレゼントを見に行く子供たちをみて、できる限り毎年サンタさんへの期待を裏切らないよう、がんばりたいなあ~と思いました。

2018-12-25 17:03:45

コメント(0)

カープ漢字ドリル

先日、本屋さんに立ち寄った時のこと。

日本シリーズが終わり、ぽっかり空いた心の隙間に飛び込んできたこのドリル!

カープで漢字をおぼえよう!!

迷わず、購入~♪

 

家に帰り、娘に「今日はお土産があります」と言うと、

「なになに? ケーキ?」と早速反応。

このドリルを見せると、

「え~勉強~~~」と言ったものの、中を開いて結構喜び~♪

 

う〇こドリル同様、本当にどうでもいい文章が並んでいますが、結構面白い。

 

・安部せん手が、はん人を「つい」せきした。

・カープの日本一を見るまでは、ねない。

・新いせん手が鼻をだした。

・ジョンソンせん手が、のむれを追いかけた。

・きく池せん手は、新いせん手のことを「たか」とよぶ。

・中ざきせん手が、カレーのをたくさん食べた。

などなど。

 

「やっぱりカープはええね~」と笑いながらドリルをやってくれました♪

広島に生まれて~、よかった♪

2018-11-06 21:56:10

コメント(0)

バレー部OG会

週末、大学時代のバレー部のOG会がありました。

大学時代の部活の先輩後輩は、同級生と同じくらい大事な存在であり、大学生活=バレー部でした。

急に会いたくなって、広島にいながら幹事を名乗り出て、みんなを集めることに。

 

懐かしい仲間と再会し、

あの先輩とあの先輩は実は付き合っていた。。。とか

あの時飲みすぎて倒れて、救急車で運ばれたよね~。。。とか。

練習さぼったのがばれて、あとでしごかれた。。。とか。

私たちの部活は突然先輩が、「ワ~ンマ~ンショー!!」と大声で言います。

するとみんな「え? 誰?」とドキドキして、

「春華のワンマンショー!!」と名前を言われると、否応なしにコートに入ってめちゃくちゃしごかれる…という伝統?がありました。

今でいえば、完全なパワハラです()

 

そんなこんな楽しい話で盛り上がり、あっという間の時間でした。

 

今は、九州中心にみんな全国でがんばっています。

仕事、家事、子育て…みんな大変なこともたくさんありながらの毎日ですが、離れていても繋がっていて、みんなも頑張っている!と思うことが、力になります。

こんな大切な仲間を作ってくれた大学生活をあらためて幸せだな~と思いました。

 

留守番をしてくれていた子供たちにはこれ↓を買って帰りました。

私が出かけたとたんにゲーム三昧だったとのことで、我が家にはまた雷がおちました。

2018-09-10 09:35:51

コメント(0)

書道

今週末は、子どもの夏休みの宿題チェックに追われました。

漢字ドリル、計算ドリル、作品、読書感想文…

早め早めといったのに、追い込みが大変なようです。

親はチェックするだけなので、気は楽ですね~。

 

作品の一つとして提出する「書道」

お手本にと、私が書きました。

 

小学校の頃、習字を習っていたので、久々書くとなんだか楽しくなった私。

余った半紙でもう一筆。

ふざけてばかりいたら、息子の清書用がなくなり、半紙を買いに走りました。

2018-08-27 11:34:51

コメント(0)

おりひめとひこぼし

先日、次男が保育園でプラネタリウムに行きました。

その時に見た天の川がとてもきれいだったそうです。
 

帰ってから、七夕のお話をはなしてくれました。

「ひこぼしさんとおりひめさんは、おしごとせんであそんでばかりじゃったけぇ、かみさまにおこられてはなればなれになったんと」

「そうなんじゃ~() でもいいんじゃない? 楽しければ遊んどっても」

「だめよ。おしごとせんとおかねがもらえんけぇ、ごはんたべれんじゃろ。おとなになったらおしごとせんといけんのよ」

っと教えてくれました。
 

5歳にしては少々現実的な意見です()

2018-07-04 10:15:13

コメント(0)

今更ながら・・・だよね~

最近読んだ専門の本に書いてあったことで、だよね~と思ったことを一つ。

「生活習慣からくる肛門疾患」という題でしたが、

「人間以外のほとんどの動物は、便意を感じたとき、我慢せずに排便を行うのが通常であり、人間の様に朝時間がないからといって排便を我慢したり、トイレが近くにないため排便を我慢することはない」とありました。

確かに! 動物は、トイレの場所を探して排便するんじゃなくて、したいときにしたいところでしますよね~。動物園でもだれが見ていようと遠慮なく()

その瞬間をみると子どもたちはやたらと喜びますが・・・()

便意を我慢することで便秘につながり、それが痔主の道につながります。

 

また、「小学生の時期に、学校で大便に行くと、いじめられる原因になったり、授業では便と快便についての教育がされていない。現代では便は汚いものとされ、教育としての快便についての啓発がされていない」とありました。

確かに! 思春期のころは学校で排便をするのが恥ずかしく、我慢したら便意がなくなってしまうことも多々あり。便が素晴らしいもの、体のバロメーターになるものであることを小学生のうちに教育することはないですよね。

 

人間には、痔主になる要素が備わっているんだな~と感じます。

だから、3人に1人は痔主と言われるんでしょうね。

恥ずかしい…そう思わないで、診察に是非来てください。

手術をしなければいけない状態になる前に、生活習慣を改善させることで、治る道があるかもしれません。

2018-06-19 16:54:51

コメント(0)

ふわふわ言葉とちくちく言葉

子どもたちの学校では、「いじめ」防止のための道徳の教育で「ふわふわ言葉」と「ちくちく言葉」というのをみんなで話し合ったそうです。

「ふわふわ言葉」とは、言われてうれしい言葉、ほんわかした気持ちになる言葉。

ありがとう。どんまい。すごいね。など

「ちくちく言葉」は発することで、いやな気持ちになる言葉です。

少しでも友達同士でちくちく言葉を減らし、ふわふわ言葉を増やすことがいじめを無くす第一歩だと各クラスで話し合っているそうです。

 

先日、息子のクラスの担任の先生が話してくれたことを息子が教えてくれました。

「世の中には、凶器などによる悲しい事件で命を落としてしまう子がいる。本当にそれは悲しいこと。その他にも、ちくちく言葉で傷ついて、自ら命を落としてしまう子もいる。そんな二つの命の重みは変わらない」と。

 

命の大切さを私なりにも子どもたちに教えていかないといけないとあらためて思う今日この頃です。

2018-06-12 22:52:16

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5