082-263-0303

竹ちゃんのつれづれ日記

HOMEアクセス案内医療法人 三渓会 川堀病院
  • ホーム
  • アクセス案内
  • おしりの病気
  • 女性の便秘
  • 便秘と漢方
  • 医師からのアドバイス
  • レディース外来
  • 患者様の声
  • 女性あるあるQ&A

竹ちゃんのつれづれ日記

腸美人レシピ

サイト監修

医療法人 三渓会 川堀病院 公式サイトはこちら

大腸肛門外科・外科・麻酔科
リハビリテーション科
〒732-0826
広島県広島市南区松川町3-8

082-263-0303

外観

 
 
MOBILE

上記のQRコードを携帯電話で読み込んでアクセスして下さい。
当院の情報をご覧頂けます。

HOME»  竹ちゃんのつれづれ日記

竹ちゃんのつれづれ日記

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

節分

3日は節分でした。

保育園でも節分会があり、赤おにや青おにが子供たちの悪い心や弱い心を取りに来たそうです。

息子は連れて行かれそうになり、泣いてしまったみたいです()

 

我が家にも鬼が来ました。

ちょっとやる気のない鬼ですが、なかなか雰囲気でてませんか~?

 

2018-02-04 12:35:06

コメント(0)

人を以て鑑(かがみ)と為す

先日、歯医者に行きました。

子どもの頃から何度も歯医者に行っていますが、初めて女医さんにあたりました。

医師・歯科医師も女性医師が増えているし、歯科医師の友達も数人いますが、女医さんにあたったのは初めてでした。

 

何度やっても歯の治療は嫌なものですが、この日は痛みを感じることなく終わりました。

麻酔の注射も丁寧で、処置も痛くなく、すごく優しい!

 

「やっぱり、女医さんだと安心だし優しいですね~」と思わず口にしていました。

 

もちろん、経験や性格などによって手技のやり方は違うものの、同じ女医として、見習わなければいけないとこ満載でした。

 

人を以て鑑と為す!

2018-02-02 14:34:44

コメント(0)

元就。

昨日、町内会の方と今後の町内会運営について、我が家の前で立ち話をしていたら・・・

袴姿の人とテレビ局の撮影の一行が、近づいてきました。

「あっ! 山根!!」よくみるとアンガールズの山根さんが「元就。」の撮影で、来ていたのです。

反応した私に照明さんがライトをあて、撮影スタート。

ほぼ、ノーメークだった私。聞かれるがままに質問されたことに答えて、すっかり広島弁丸出しの近所のおばちゃん状態でした()

 

すぐに友達にLINE

「どうしよ~、ミスユニバースにスカウトされたら~」っと送りましたが、それに関してはみんなノーコメントでした~。

 

放送はいつかな~?

がっつりカットされてませんように。

2018-01-14 13:42:50

コメント(0)

新年のご挨拶

新年、あけましておめでとうございます!

皆様、どんな年をお迎えでしょうか?

 

年末年始、子供達と早口言葉の練習をしていて、昔のドリフターズをYouTubeで見せたら、子供たちがはまってしまい、毎日のように「8時だョ! 全員集合」を見ています。

やっぱり、昭和はいいですね~()

 

同門の大先輩にあたる先生の年賀状に

Always laugh when you can. It is cheap medicine

(笑える時はいつも笑うこと。これは安い薬である。)とありました。

技術や薬も大事ですが、治療には笑顔がないとよくなるものもよくならない。

 

病院でもプライベートでも笑顔でいられる一年にしていきたいと思います。

今年もどうぞ、よろしくお願いします♪

2018-01-02 20:56:25

コメント(0)

トランポリン

Merry  X’mass!!

今年の子供たちへのクリスマスプレゼントは、トランポリン!
 

リビングのソファーではねるので、ソファーがだめになるのを防ぐため…ってのもあったのですが、私がやりたかった()

子供のころ、「8時だョ!全員集合」で仲本工事さんがとんでいるのをいつもうらやましく思っていた私。

やっと夢がかなった~。

なんとトランポリンにはダイエット効果もあるとか!

 

子供たちと誰がのるかで取り合いです。

私が楽しく跳びはねていると、主人が「壊れる~」と横でいいました

120㎏まで耐えられるので大丈夫じゃ~!

 

私の大学時代の友人で、自宅でトランポリンを思いっきり跳びはねたら、天井で頭を強打して、噴き出る血を抑えながら、大学病院の救命に走って行って、先輩Drに縫ってもらった友人がいます。今では立派な眼科の院長になり、笑い話になっていますが()

 

天井に気を付けて、子供たちと楽しもうと思います!

2017-12-25 17:13:11

コメント(0)

お化粧

寝る前に、子供たち一人一人とハグをしながら、今日のことや明日がんばることを少しずつ話します。

昨日、ふと娘の顔をみると、目の上が赤い。。。

「どしたん? 目の上かゆい? なんか赤くなっとるよ」と言うと、

「なんでもないよ」と目をそらします。

ん? 「ちょっとみせてみんさい!」

なんだか、目の上が少し赤く、光っているようなところもあります。

「なんか塗ったな~~~!!」

「へへへ・・・」

寝る前に鏡の前でなんかしていると思ったら、先日七五三の写真を撮る際に口紅をつけてもらったリップスティックをアイシャドーにように目の上に塗っていたのです()

 

「だって、お母さんだって目の上塗っとるじゃん」

「お母さんが塗っとるのは、目の上に塗る専用のお化粧があるんよ。口紅の筆を目に上に塗らんの!。化粧なんか今からせんでも、そのうち化粧せんと外に出られんようになるんじゃけえ」と笑いました。

 

思い起こせば、小学生のころ、母の口紅をこっそりぬったつもりが、ボキッと折ってしまい、怒られたのを思い出しました。

 

でも、せめて口紅のついたリップスティックではなく、アイシャドーを塗って欲しかったな~()

2017-12-21 10:10:06

コメント(0)

最近笑った話

先日、レオナルド・ダビンチが描いたとされるキリスト「サルバトール・ムンディ」の絵画が日本円にして約510億円で落札されました。

ダビンチといえば「モナリザ」が有名ですが、このニュースをみた息子が「あっ、もりざねだ!」と言いました()

「もりざねって、一気に日本風になるじゃん() 武士か!?」と突っ込みました。

 

また、今年もサンタさんに手紙をかいた子供たち。

息子の手紙には「サタンへ・・・」と書かれていました。

サンタとサタンを書き間違える() そうとう怖いサンタのおじいさんじゃん。

「いまおしいのは・・・」「お」と「ほ」を間違える。

そんなあなたがおしいです()

 

こんな勘違い?間違いだらけの子供たちに毎日笑わせてもらっています。

2017-12-04 12:57:36

コメント(0)

大腸肛門病学会

先日、福岡でおこなわれた大腸肛門病学会の学術集会に出席してきました。

学会では教科書どおりの方法だけではなく、諸先生方の手術の工夫や最新の情報、困った症例に対する解決策など、さまざまな情報が得られるため、とても勉強になります。

現在作成中の論文に対するヒントになる発表もあり、大きな収穫でした。

 

学会に行く際は、ちょっとスーツなんか着たりします。

普段、スーツ姿やヒールのある靴を履かない私にとっては、学会に行く際は少々疲れます

子供たちが学校に行く時間に一緒に地元の駅まで歩いて行ったので、登校中の小学生と一緒になりました。

「竹田のおばちゃん、今日どっか行くん?」「いつもと違う!」「どしてそんな格好しとるん!?」と近所の子供たちから質問の嵐

「ねえ、おばちゃん、普段はどうなん?」と言いたくなるような質問攻めでした()

 

福岡・博多ともあって、スーツ姿でしっかりラーメンを食べ、替え玉もしてきました()

花より団子

2017-11-21 17:06:12

コメント(0)

バナナ

バナナが便にいいという話はよく聞きます。

食物繊維やオリゴ糖を含んでいて、エネルギーもあり、スポーツをするときにも手軽に食べられるので、我が家にも常備しています。

が、私は手術のある日はバナナは食べません。

その理由は・・・

 

医学部5年生の時。初めて消化器外科を回ったときについた手術は胃癌の手術。

もともと、消化器外科を専門にしたいと思っていた私は、いつも以上に気合いが入り、長時間の手術に備えて、朝食をしっかりとりました。夕方まで食事もとれないと思っていたので、栄養源としてバナナもしっかり食べました。

いざ、手術開始。緊張していたせいもあり、10分くらいで、腹痛に襲われました。「女子ってやっぱり外科には向いてないよね~」と言われてはいけないと思い、必死でこらえました。一緒に手術に入っていた同級生はだんだん私の顔が青くなっていくのを感じたようです。

究極まで我慢しましたが、「すみません。気分が悪いので手を下ろしてもいいですか・・・」

急いでトイレに駆け込みました。

 

それ以来、自分が執刀医の日はバナナを食べません。

若かりし頃の苦い思い出です()

2017-10-22 17:47:04

コメント(0)

スタッキングゲーム

以前から欲しかったおもちゃを買いました。

子供たちではなく、私が欲しかったおもちゃ。

スタッキングゲーム。

積み重ねてある小さな木を崩れないように抜き取るゲームで、色のついたさいころを振ってその色の木を抜き取ります。崩れないように上手に抜いて、崩した人が負け…というゲーム。

 

早速、子供たちとじゃんけんで順番を決めて、ゲーム開始です。

4歳の次男が、簡単に人差し指で、真ん中の木を押そうとするので、

「ちがう!ちがう!! そがーにしたら、すぐ崩れるよ~」と言ってみたものの、意外に崩れない。。。

端っこから抜き取ろうと必死の私に対して、子供たちはあっさりとクリアしていきました。

逆に「ちがうよ。そこの動かんやつを押さにゃ~」と指導が入りました。

よく聞くと、保育園でもやっているとのこと。小学生の長男・長女は児童館でやっていたようです。

知らずに興奮していたのは母だけなり…

 

崩れた木を集めて、今度は積み木をしたり、ドミノをしたり。

一つのゲームでこんなに発想を変えるなんで、さすが子供の頭は柔軟だ~と感動した私でした。

休みの日に子供たちに負けないように特訓しようと思います!

2017-10-16 12:56:36

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5