082-263-0303

竹ちゃんのつれづれ日記

HOMEアクセス案内医療法人 三渓会 川堀病院
  • ホーム
  • アクセス案内
  • おしりの病気
  • 女性の便秘
  • 便秘と漢方
  • 医師からのアドバイス
  • レディース外来
  • 患者様の声
  • 女性あるあるQ&A

竹ちゃんのつれづれ日記

腸美人レシピ

サイト監修

医療法人 三渓会 川堀病院 公式サイトはこちら

大腸肛門外科・外科・麻酔科
リハビリテーション科
〒732-0826
広島県広島市南区松川町3-8

082-263-0303

外観

 
 
MOBILE

上記のQRコードを携帯電話で読み込んでアクセスして下さい。
当院の情報をご覧頂けます。

HOME»  竹ちゃんのつれづれ日記

竹ちゃんのつれづれ日記

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

今更ながら・・・だよね~

最近読んだ専門の本に書いてあったことで、だよね~と思ったことを一つ。

「生活習慣からくる肛門疾患」という題でしたが、

「人間以外のほとんどの動物は、便意を感じたとき、我慢せずに排便を行うのが通常であり、人間の様に朝時間がないからといって排便を我慢したり、トイレが近くにないため排便を我慢することはない」とありました。

確かに! 動物は、トイレの場所を探して排便するんじゃなくて、したいときにしたいところでしますよね~。動物園でもだれが見ていようと遠慮なく()

その瞬間をみると子どもたちはやたらと喜びますが・・・()

便意を我慢することで便秘につながり、それが痔主の道につながります。

 

また、「小学生の時期に、学校で大便に行くと、いじめられる原因になったり、授業では便と快便についての教育がされていない。現代では便は汚いものとされ、教育としての快便についての啓発がされていない」とありました。

確かに! 思春期のころは学校で排便をするのが恥ずかしく、我慢したら便意がなくなってしまうことも多々あり。便が素晴らしいもの、体のバロメーターになるものであることを小学生のうちに教育することはないですよね。

 

人間には、痔主になる要素が備わっているんだな~と感じます。

だから、3人に1人は痔主と言われるんでしょうね。

恥ずかしい…そう思わないで、診察に是非来てください。

手術をしなければいけない状態になる前に、生活習慣を改善させることで、治る道があるかもしれません。

2018-06-19 16:54:51

コメント(0)

ふわふわ言葉とちくちく言葉

子どもたちの学校では、「いじめ」防止のための道徳の教育で「ふわふわ言葉」と「ちくちく言葉」というのをみんなで話し合ったそうです。

「ふわふわ言葉」とは、言われてうれしい言葉、ほんわかした気持ちになる言葉。

ありがとう。どんまい。すごいね。など

「ちくちく言葉」は発することで、いやな気持ちになる言葉です。

少しでも友達同士でちくちく言葉を減らし、ふわふわ言葉を増やすことがいじめを無くす第一歩だと各クラスで話し合っているそうです。

 

先日、息子のクラスの担任の先生が話してくれたことを息子が教えてくれました。

「世の中には、凶器などによる悲しい事件で命を落としてしまう子がいる。本当にそれは悲しいこと。その他にも、ちくちく言葉で傷ついて、自ら命を落としてしまう子もいる。そんな二つの命の重みは変わらない」と。

 

命の大切さを私なりにも子どもたちに教えていかないといけないとあらためて思う今日この頃です。

2018-06-12 22:52:16

コメント(0)

やればできる!

私、、、料理は好きです。

が、レパートリーも少なく、めんどくさがりなので、そう凝ったものも作れません。

そして、女子なら誰でも憧れるお菓子作り。

もちろん、一度もしたことがなく。。。

結婚した当初は、ケーキも焼くかも~とオーブンを買いましたが、10年以上たった今でも、「あたため」機能しか使っていません()

なんだか、『180度に予熱』と書いてあるだけで、オーブンが温まりすぎて火事にならないかと不安で。。。

 

そんな私、息子の「食べたい!」の一言で一念発起!

バナナとホットケーキミックスがたまたまあったので、バナナケーキを作ってみました。

予熱セットして、火事にならないかヒヤヒヤしながら、オーブンを見つめていました。

材料はほぼ混ぜるだけ… それを入れて待つこと30分。。。

ジャジャ~ン♪

私だってやればできる!

子どもたちも大喜びで、気をよくした私は、翌日にチーズケーキを作りました。

私以上に驚いたのは、旦那でした。20年以上私を知っていますが、「ほんまにこれ作ったん?」と。

 

オーブンの予熱って意外に簡単なのね()

川堀病院の厨房にもいろいろ聞いて、レパートリーを増やそう~っと♪

川堀病院の食事はデザートもおいしいんですよ~

2018-05-06 17:44:09

コメント(0)

鉄人 衣笠

鉄人と言われた元カープ衣笠祥雄さんが亡くなりました。

衣笠さんと言えば、山本浩二さんと並んで、黄金期のカープを支え、私にとっては神の様にすごい人でした。

連続出場回数2215。骨折してでも痛みを抑えて試合に出る姿勢は、鉄人以外の何物でもありません。

 

私の子どもの頃のカープの思い出は、夏休み。

伯父とファミリープールで泳いで、出口でフランクフルトを食べ、市民球場へ…がお決まりのコースでした。カープ好きの伯父が大声で応援したり、一喜一憂するのが、楽しいやら恥ずかしいやら。

大人になった今では、ファミリープールで泳いだ後に、野球観戦に行くような体力は到底ありませんが。。。

80年代、衣笠祥雄、山本浩二、津田、小早川、高橋慶彦、大野、北別府、正田、達川…本当に大好きな選手ばかりでした。

 

衣笠さんの訃報を聞いた日のカープの快勝、素晴らしかった。そして、中村祐太投手の涙。衣笠さんの訃報と重なり、テレビの前で涙が止まりませんでした。

 

衣笠祥雄さん、ご冥福をお祈りします。

今年こそ、カープの日本一をみていてくださいね!

2018-04-25 22:32:25

コメント(0)

勇気を振り絞って・・・

先日、長男・長女は習い事のそろばんで、遠足に出かけました。

毎年、2年生以上になるとバスに乗って日帰り遠足があります。

今年の場所は「みろくの里」。

今年初めて参加する娘も申し込みしました。

が、、、たまたま仲の良い同じ学校の友達が参加できず。。。

隣の学校で、そろばんの時間だけ会うお友達は参加する様でした。

 

「どうしようかな…行くのやめようかな…もし一人になったらさみしいし…」

相当悩んでいました。

「にいにと回ったら? 兄ちゃんの友達は知っとる子ばかりじゃし」

「にいにとは嫌! でも一人になったら…

 

「勇気出して、『一緒に回ろ~』って隣の学校の友達に言ってごらん! 一人になるのが心配で遠足に行かんって決めたら、何も変わらんよ。これから同じようなことがあっても、話しかける勇気がないからって逃げとったら、なにも挑戦できんくなるよ。勇気だしてごらん!!」と叱咤激励。

 

数日後、ルンルン気分で準備をする娘の姿が

「隣の学校のお友達に話したの?」

「〇〇ちゃんにね。一緒に回ろ~って言ったら、いいよ~って言ってもらってね。△△ちゃんや□□ちゃんとも回るんよ~」とのこと。

 

勇気を振り絞ってお友達に話しかけた娘はこれを期に自信を持てるようになってくれた様子です。

 

遠足は?

「時間を戻したいと思うくらい楽しかった~~~」そうです

2018-04-10 15:23:41

コメント(0)

春はお別れの季節…

桜が満開ですね。

次男の保育園の担任の先生の移動が決まりました。

次男もお友達も先生が大好きだったので、かなりショックだったようで、移動の知らせを聞いたとき、ほとんどの子が大泣きしたそうです。

家に帰ってからも、先生のことを思い出しては涙を流す。

こんな次男を見たのは初めてでした。私に叱られてへこんでも、すぐに忘れて立ち直るのに…

こんな風に感受性豊かに成長した次男をほほえましく思う私です。

これも先生のおかげかもしれません。

 

人生は出会いと別れの繰り返し、そうやって大きくなっていくんですよね。

 

『春はお別れの季節です♪ みんな旅立っていくんです。あ~わいピンクの桜。はなび~らもお祝いしてくれます♪ じゃあね、そ~と手を振って、じゃあね、じゃあね。だめよ!泣いたりしちゃ。あ~いつまでもわたしたちは、振り向けば、ほ~らっ友達!』

知ってます? この歌♪ 私と同じ世代の方はドストライク!?()

2018-03-30 17:01:34

コメント(0)

君が代

もうすぐ小学校の卒業式。

4年生の息子は初めて卒業式に出席します。

卒業式で歌う歌の練習中。

先日、音楽の時間に「君が代」を習ったとのこと。

少し歌詞が昔言葉なので、なかなか覚えられず苦労しています。

 

お風呂で一生懸命練習していますが、

「きみが~よ~は、ちよに~~野鳥に~」と歌っていました。

「千代に八千代に!」

八千代と野鳥。意味の分からぬ息子の国歌には野鳥が出てきます()

2018-03-10 21:53:35

コメント(0)

桜餅

先日、長男が初めて、「今日、学校に行きたくない…」と言いました。

そんなこと言ったことなかったので、びっくり!

「なんで? なんかあったん!?」と聞いたら、、、

「今日、学校で桜餅がでるんよ。おれ、あんこ食べれん・・・」

 

長男はあんこがとっても苦手。

保育園の時にぜんざいが出て、吐いてしまったことがあり、それからもっと苦手になりました。

それに対して、私はあんこがとっても大好き。

妊娠中も産後もおはぎばかり食べていました。毎日のように通っていたお餅屋さんでは、「いつもありがとうございます~」って言われるようになっていました()

私があんこ食べ過ぎたせいで、息子は嫌いになったのか!?

 

「食べれんかったら、隠してお母さんに持って帰って~、母さん食べたい!」っといいましたが、今はそんなことは許されないんだそうです()

 

夕方、息子に聞いたら、

「半分に減らしてもらって、鼻つまんで食べたわ…」とのこと。

母さんだったら、じゃんけんで余った桜餅、争奪戦しとったのに~()

2018-03-06 15:35:19

コメント(0)

節分

3日は節分でした。

保育園でも節分会があり、赤おにや青おにが子供たちの悪い心や弱い心を取りに来たそうです。

息子は連れて行かれそうになり、泣いてしまったみたいです()

 

我が家にも鬼が来ました。

ちょっとやる気のない鬼ですが、なかなか雰囲気でてませんか~?

 

2018-02-04 12:35:06

コメント(0)

人を以て鑑(かがみ)と為す

先日、歯医者に行きました。

子どもの頃から何度も歯医者に行っていますが、初めて女医さんにあたりました。

医師・歯科医師も女性医師が増えているし、歯科医師の友達も数人いますが、女医さんにあたったのは初めてでした。

 

何度やっても歯の治療は嫌なものですが、この日は痛みを感じることなく終わりました。

麻酔の注射も丁寧で、処置も痛くなく、すごく優しい!

 

「やっぱり、女医さんだと安心だし優しいですね~」と思わず口にしていました。

 

もちろん、経験や性格などによって手技のやり方は違うものの、同じ女医として、見習わなければいけないとこ満載でした。

 

人を以て鑑と為す!

2018-02-02 14:34:44

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5